費用をかけないような結婚式の仕方が主流になっている世の中ですので、そんな中でも格段に安いといわれているスタイルがフォトウエディングというものです。このフォトウエディングでは写真を撮影するというのがメインの結婚式のスタイルで、披露宴はできませんが挙式というのはサービスで行ってくれる会社もあるのだそうです。また挙式がないところでもチャペルや神社など挙式を挙げれる場所で撮影をするので、まるで挙式を行っているような感覚を味わうことができるというわけなのです。フォトウエディングではそんな場所代や撮影代のほかにも衣装代やヘアメイク代、そして衣装を着付けてくれる着付け代というところまで費用に含まれております。つまりこれらのことは無料サービスということでもありますので、数万円でできるのであればこれ以上安い結婚式はなかなかないでしょう。

思い出に残るフォトウエディング

最近、私の友人がフォトウエディングをしました。写真を撮ってくれるスタジオにもよるようですが、そのスタジオは家族や友人の参加もできるとの話だったので撮影日に私も訪れました。事情があって挙式や披露宴をできない友達夫婦でしたが、新婦の見事な花嫁姿にとても感動しました。プロの写真撮影はもちろん訪れた人達も自由に写真を撮る事ができたので、私も沢山の写真を撮らせてもらいました。挙式や披露宴は其々の夫婦によって、挙げられなかったり挙げなかったりと事情があると思いますが、やはり一生に一度の結婚を二人の記念として写真に残せるフォトウエディングはとても良い物だと思います。またフォトウエディングのスタジオでは洋装、和装と様々な衣装が用意されている事が多く、挙式や披露宴では予算などの都合で着れなかった衣装で改めて撮影したりと様々な活用方法があり、私もとても興味を持つきっかけとなりました。

美しい姿勢と笑顔はフォトウエディング成功の鍵です

フォトウエディングというと何らかの事情で式を挙げられなかったカップルが、記念に残したいと写真撮影だけを行うものだと思いがちですが、どうやら最近ではそれだけではないようです。挙式当日のウェルカムボードにドレス姿の写真を飾りたい、海外挙式をするけれどおじいちゃんやおばあちゃんに白無垢打ちかけ姿も見て欲しいなどの理由をあげる人が多いと聞いた事があります。ゆったりとした時間が流れる中でのスタジオ撮影では天候や気温を気にする事なくモデル気分で撮影に臨めるのがいいところです。ロケーション撮影で2人の思い出の値を巡りながらカメラにおさまるのも楽しいものです。自然の中でなら表情も和らいできっといい写真が残せるでしょう。道行く人が祝福の言葉をかけてくれたりすればよりテンションも上がります。どちらにしても撮影日が決まったら、自然な笑顔と美しい姿勢が作れるように心がけるのが大事です。